ブログ

パワーリハビリテーションをするとどうなりますか?

2017.11.07

no image

一般的に介護施設における高齢者は「世話を受ける」「動かしてもらう」など受け身になりがちです。

パワーリハではあくまで利用者が主となり、道具であるマシンを扱います。スタッフの役割は「支援」です。このような関係性が利用者の主体性や自発性向上に大きく影響しています。

非筋トレであるパワーリハは終了後すぐに足が軽くなる、足の出が良くなったなどの効果を実感しやすい特性を有しています。そのことが自己イメージの改善につながり活動への意欲を高めます。

パワーリハのような低強度の運動はうつや認知症などの精神障害に対して好影響を与えることが報告されています。